採用概要
採用エントリー
人事制度(職種と働き方)

人事制度(職種と働き方)

人事制度(職種・働き方)

・一般企業には、働き方として「総合職」「一般職」「時短社員」などのそれぞれの志向性にあった働き方があります。また、「総合職・営業」「総合職・企画」「総合職・業務部」など、それから「一般職・事務」「一般職・専門事務」「一般職・営業サポート」など多くの職種があります。しかし、これも士業事務所にはありません。ですから、士業事務所ではミスマッチが絶えません。

 

・私たちオーシャンには、「総合職(営業・顧客)」「一般職(専門事務・一般事務)」「時短社員」などの職種があります。どのような働き方にしたいか、というのも「毎日20時前後までガツガツ」「毎日18時半頃には帰る」「17時に帰る、残業なし」など明確に希望によって働き方も変わります。これは完全に入社時に希望を出してもらって、そのようにしています。

 

・こうした働き方は、従来の士業事務所では困難です。なぜか、それは一人で全部担当するというスタンスでは、17時に帰る、残業ナシで一人完結という形では、お客様対応が難しいからです。ですから、オーシャンはチームで運営して様々な働き方の方が気持ちよく働ける体制にしています。チームで運営していますので、振休も取りやすいのも属人的に個人で全てを管理していないからです。チームで運営していますので、休みの日に会社やお客様から電話がガンガン掛かってきて、結局休みにならないという”士業事務所あるある”は、チームで運営して、チームメンバーが代わりに対応できる体制が無ければ実現しません。こうした体制づくりに向き合うのがオーシャンです。属人的で、個人に負担を負わせる体制ではありません。

 

特に司法書士事務所では、振休や有休は取れません。それは経営システムが、職人のシステムに侵されているからです。オーシャンでは、司法書士資格者でも、この2~3年はきちんと振休や有休が取得できる環境になっています。GWや連休などの旅費の高いタイミングしか旅行に行けない事務所ではありません。金・土・日・月と、3泊4日で沖縄旅行に家族で行く資格者もいます。個人事務所ではあり得ませんが、こうした自由があるのが組織で運営するメリットです。