採用概要
グループ情報
採用エントリー

司法書士インタビュー 筆野

司法書士インタビュー 筆野

オーシャンに入社されたきっかけを教えて下さい。

知人が働いていたのですが、知人から「司法書士事務所らしくない雰囲気」のある珍しい事務所であると聞いていました。

常に仕事を楽しむということを大切にしている姿勢や、メンバー同士の非常に関係性がよく、とにかく楽しい雰囲気が溢れていました。さらには、グループの代表が元・国内最大手 経営コンサル会社のトップコンサルタントであったことを聞き、自分でもこの業界にパンデミックを起こせるのではと考え事務所の扉をたたきました。

今の仕事を教えてください!

司法書士としては、不動産登記部門で決済関連業務を中心に担当しています。決済業務が月40~50件、借り換えなどの金融機関の業務が月50~70件ありますので、メンバーと協力して案件をこなしています。

月末はやはり案件数が多く、大変な場面はありますがチームでお仕事をしているので、「事務所に寝泊まり」等は一切ありません(笑)
みんなで乗り越えると「お疲れ様会」を開催して、メンバー同士を労う文化もあります!

社内全体では相続や会社設立等も取り扱っておりますので、決済業務に限らず、会社登記、信託登記、相続、法人化、その他交換贈与等様々な業務に携わらせてもらっています。

 

入社から現在までを振り返ってみて一言

入社して、もうすぐ3年になりますが、あっという間に過ぎました…。
この3年間、様々な業務を経験させていただきましたが、試行錯誤の日々でした。その中で、辛さや苦しさを感じたこともありましたが、上司や同僚がいつも適切にサポートしてくれました。

また、僕自身も日々勉強することを忘れずに取り組み、一つ一つの業務をお客様と自分自身も笑顔で進められるように努めてきました。

これまでの人生のなかで一番、社会人として成長できたとおもっています。仕事を通じて、多くの方々からたくさんのことを学びました。

 

オーシャンの強みや自慢できるところを教えて下さい!

自分自身に成長したいという意欲や、やる気があれば、様々な業務に取り組むことができるのは、オーシャンの強みであるとおもいます。
司法書士として登記事務所に入所してしまうと、どうしても毎日同じことの繰り返しで飽きを感じてしまったり、将来に不安を感じてしまうことがあると思います。

しかし、オーシャンはいま急成長中の事務所です。新しい取り組みに対しても積極的な姿勢があるため、本当に様々なことにチャレンジできます。
トップダウンの職場ではないため、メンバー同士で改善点を話し合って、マニュアルを作成したり、新しいメンバーが入ったときには教育に関わったり、希望があればマネジメントにも挑戦できる環境があります。

自分の成長が事務所を成長させると実感でき、やりがいを感じることができることもオーシャンで働く醍醐味だとおもっています。

 

メンバーで尊敬できる人を教えてください!

僕も含めて同僚たちみんなが「偉大な上司!」と口を揃える山崎さんです。

山崎さんは、いつも明るく、すべての業務に丁寧に、そして前向きに取り組む方です。山崎さんがいると、職場がパッと活気づきますね!
また、お客様だけでなく、社内のメンバー全員に対しても丁寧に応対されているところも社会人の先輩として尊敬しています。

 

これから一緒に働くメンバーに一言お願いします!

社会人として仕事をする日々の中では、大変に感じる時も少なからずあると思います。

特に、オーシャンの業務は、遺言や相続といったリーガルサービス業界になりますから、堅実に仕事に取り組む姿勢が求められます。
最初は、僕と同じように試行錯誤の日々になるかもしれませんが、自分の前に現れた壁を乗り越えていけば、絶対に成長させてくれる環境がオーシャンにはあります。僕たちと一緒に一つひとつの壁を楽しく乗り越えて、成長していきましょう!