採用概要
採用エントリー

社員インタビュー 熊谷

社員インタビュー 熊谷

Q1:オーシャンに入社されたきっかけを教えて下さい。

私がオーシャンのインターンシップを志望した理由の第一は、法律のスペシャリストとして、お客様の悩みや問題を解決する仕事を、間近で見てみたいと考えたからです。

私は法学部で勉強していたため、法律を日頃から学ぶ機会はあるものの、それを仕事にしているスペシャリストの方々のイメージは、すぐに湧いてくるものではありませんでした。

自分の勉強したことをどうにかアウトプットしてみたい。そう思ったのがきっかけです。

第2に自分自身のステップアップのためです。大学生で経験してきた主なアルバイトといえば、飲食店ばかりで、単調な作業も多かった為、よりチャレンジングな環境で働きたいと考えていました。そのような時に出会ったのがオーシャンでした。

Q2:今の仕事を教えてください!

主な業務は、お客様の相続手続きのお手伝いになります。
具体的には、戸籍の収集や相関図の作成、財産調査のような事務手続きに加え、お客様のご案内も担当します。インターンシップ生として、単なる事務の仕事を作業的に行うのではなく、それぞれの案件を確認して、どのように手続きをしていくべきか、方向性を確認するようにしています。

時には、面談にも参加して、先輩社員監修のもと、1つの案件を責任もって管理することもあります。

 

Q3:現在の目標はなんですか?

さらに業務を覚えて、より多くの案件を任されるようになりたいと考えています。

「学生」という立場に甘んずることなく、事務所に入ったら、あくまでも「社会人」として、少しでも先輩社員に近づけるよう、ビジネススキルを吸収しています。最近では、プレゼンテーション能力を高めるため、朝礼で行われる「3分間スピーチ」にも、スピーカーとしてチャレンジしています。

 

Q4:将来の夢を教えてください!

将来は、スペシャリストとして誇りをもって仕事をしている人になりたいと考えています。

オーシャンで、誇りを持って仕事をしている人に囲まれながらインターンをしているうちに、自分も自身のキャリアに妥協したくない。と思うようになりました。
オーシャングループの代表が、わざわざ私のために時間を作ってくださり、私のキャリアについて真剣にお話をする機会をくださったこともありました。具体的な目標は、まだ模索中ですが、妥協しないという、このポリシーを変えるつもりはありません。

 

 

Q5:オーシャンの強みや自慢できるところを教えてください!

オーシャンの強みはチームワークだと考えています。

それぞれ、役割や担当はあるけれど、全体としての一体感があります。全員が全員の名前を覚え、強みを活かし、弱みは補いあうという習慣が根付いています。

チームとして向上心を保ちつつ、人への温かさを忘れないところにオーシャンの魅力を感じます。

 

 

Q6:メンバーのなかで尊敬できる人を教えてください!

岡田さんと入江さんです。

岡田さんは、自身の仕事をスマートにこなすのと同時に、自分が担当になった案件についても、丁寧にチェックや指導をしてくださっています。
入江さんは、私の要望を叶えるために、いつも陰でオーガナイズをしてくださいます。オーシャンで新しいことにチャレンジしたくなった時には、いつもまずは入江さんに相談します。

 

Q7:これから一緒に働くメンバーに一言お願いします!

インターンシップにチャレンジすることは、勇気のいることだと思います。

私も最初は緊張で魂を抜かれたようでしたが、今では、自分から手を挙げて仕事に取り組むようになりました。

インターンシップは、それだけ自分を成長させます。また、オーシャンのメンバーは、アルバイトとして、単に業務を一方的に教えるのではなく、法律の実務を学ぶ学生の為、これからの社会人になる人へのキャリアの為など、インターン生にとって大切なことを時間をかけて教えてくれるはずです。オーシャンでのインターンシップは間違いなく、唯一無二の体験となると確信しています。